糖尿病の原因は暴飲暴食にある!?

サイレントディジーズ静かな疾患と呼ばれている糖尿病ですが、なんとなくといったイメージを抱いていることも多い病気です。そのひとつとして暴飲暴食が原因になると考える人も多いでしょう。そしてその考えは間違いではなく、正しいと言えます。

暴飲暴食が糖尿病を招く

yjdd
食べ過ぎは糖尿病だけを招くのではなく、さまざまな身体の不調の原因になります。よって暴飲暴食が糖尿病を招くと言っても過言ではありません。よく言われることとして、甘いものを食べると発症しやすいのが糖尿病ですが、けっしてそのようなことはなく、暴飲暴食こそが問題になることが多いです。

問題は血糖値が上がることであり、それは甘い食べ物だけでは決してありません。お米にしろパンといった炭水化物だけではなく、果物や料理のなかに入ってある糖分も血糖値に影響を与えます。だからこそ暴飲暴食が糖尿病を招くことを意味します。

食生活を改めよう

食べ過ぎがよくありませんので、制限することを心掛けましょう。

特に健康診断で糖尿病の可能性を疑われたときにこそ、食事制限を行うことが正しいです。何もしなければサイレントディジーズの名にふさわしく、着実に病気は進行していきます。進行すると全身に影響を与えることになりますので、まず進行を止めるために食事制限から始めましょう。

昔の人は良いことを言っています。腹八分医者いらずとはよく言ったもので、これは糖尿病にも当てはまる格言です。食べ過ぎが良くありませんので、糖尿病でない人であっても食生活を改めるようにしましょう。

環境因子が主な原因

糖尿病になる原因として環境因子が挙げられます。そのなかに暴飲暴食も含まれますが、加齢やストレスといった免れない因子もあります。ただ環境因子として暴飲暴食や肥満、高血圧高脂血症など改善できる要因もあります。まずこのような環境因子について、しっかりと理解することが大切です。甘いものを食べ過ぎると糖尿病になるといった間違った認識を持っている人も多いですので、体の不調を招く環境因子を着実に排除していくことをおすすめします。これはまだ糖尿病の気が表れていない人にこそ、進んでしておきたい排除です。

環境因子のストレスを減らそう

ykf
その原因となる環境因子のひとつになるストレスですが、なかなか排除することが難しいのがデメリットです。現代社会に暮らしている人であれば、ストレスを感じない生活をするのは難しいので、だからこそ排除しにくい環境因子になります。すべてのストレスを感じにくくするのは難しいですので、少しでも軽くするように心掛けましょう。

好きな時間を設ける、移動は徒歩を心掛けるだけでもストレスは軽減します。ストレスと糖尿病の関係は深いです。ストレスは血糖値を上げるホルモンが分泌されやすくなり、同時にインスリンの分泌を下げる悪循環が生まれます。ストレスは大敵であることを認識しましょう。

血糖をコントロールする

糖尿病の影響を感じている人は自分ひとりでコントロールするのは難しいですので、専門家の力を借りましょう。また健康診断で肥満や糖尿病の気を指摘された場合は、自発的に食生活から改善するようにしましょう。血糖をコントロールすることが重要です。

食生活の改善をしよう

ちょっとした食事の改善だけで、糖尿病の進行を防ぎ、まったく関係ない生活を送ることができるようになります。「あともう少し食べたいな」を我慢するだけでも改善のきっかけになることを忘れないようにしてください。

糖尿病の予防
■http://tou10.com/

更新情報

△PAGE TOP